当社のヘリポートで効果的な訓練| アルファーアビエィション

当社のヘリポートで効果的な訓練

アルファーアビエィションは、自社のヘリポートですべての訓練をできることが他校との大きな違いです。
自社のヘリポートでできるということは、エンジンをかけて離陸してその場所で訓練できるということです。
そこが無駄が無いのです。
(例えば、東京ヘリポートやつくばヘリポート等のヘリポートでは連続の離着陸訓練は許可されていません。←重要!)

自社の運航基地で訓練できない他校は、ヘリコプターに乗って 40 分以上(訓練場所で人員交代するために車で移動する場合は1時間以上)かけて訓練場所まで移動しなくてはなりません。
その時間は無駄です。(移動中や車内での待機中は座学もできません。)
そのような他校と当校は違います。

当校だけが連続の離着陸訓練、夜間訓練、オートローテーション訓練など、すべての訓練を下妻運航所でできます。
関東の訓練空域に隣接しているのも当校だけで、他校のように遠くまで移動する必要はありません。
だから無駄が無いのです。

当校は、国内訓練シェアNo.1合格実績と就職実績も連続して No.1です。

当校卒業生は全国の警察、消防、海上保安庁等の官公庁や民間航空会社に多数就職しています。

アルファーアビエィションは官公庁パイロットの操縦訓練を大多数委託されています。 特に官公庁への就職希望者には、当校での訓練が就職への最短コースです。

就職実績はNo.1で、航空会社は全国に沢山ありますので自由に選ぶことができます。2社だけではありません。
ある一定の会社で訓練費を援助してもらい就職しますと足かせがつき、一身上の都合で退職を希望するときにお金を返さなければならないのでやめるにやめられないことができてしまいます。やはり訓練費は自分で払って就職した方が自分の人生にとっても良いことです。
訓練費を支援してもらい就職した後はそれなりの目で見られますからいつ首になるかと心配事も増えますよね。
当校で自由に訓練して技術を沢山学び自信を持って就職した方が良いと思います。

アルファーアビエィションで無駄の無い訓練を受けてヘリパイロットとして就職しよう。

すべての操縦訓練を運航所で実施できるのは当校だけ!

飛行機免許を当校で取得するメリット

官公庁パイロットが語るアルファーアビエィションの良さ

飛行機(エアライン)、ヘリコプター共にパイロット不足が深刻化しています

関連記事