特定操縦技能審査のための教本を販売開始| アルファーアビエィション

特定操縦技能審査のための教本を販売開始

パイロットが必ず受けなければならない「特定操縦技能審査制度」が開始されました。
FAA(米国航空局)のフライトレビューと同様の考え方で、航空機を操縦する日からさかのぼって2年間以内に、操縦技能を有するかどうかについて操縦技能審査員の審査を受けて合格していなければなりません。

アルファーアビエィションでは技能審査のための訓練と審査を受けることができますが、この訓練に使用する教本の販売を開始しました。
当校のベテラン教官陣が飛行機とヘリコプターのそれぞれについて作成したものです。

ヘリコプター編の内容は、特定操縦技能審査制度の詳細、航空一般知識(航空法、管制、捜索救難、人間の能力、他)、動力装置、操縦装置等の諸系統・諸装置、危険な空力と防止、異常時・緊急時の各系統に必要な知識、申請の各種様式他、盛り沢山の内容です。

飛行機編の内容は、特定操縦技能審査制度の詳細、飛行の一般知識、航空法、各種飛行操作、航空機の性能、緊急操作、ウエザーブリーフィング、口述審査問題他、こちらも数多くの情報が盛り込まれています。

販売価格はヘリコプター編、飛行機編ともに¥4,900(税込み)です。
アルファーアビエィションの教本で知識をレビューして、飛ぶために必ず必要なこの審査に確実に合格してください。

ご注文はこちらからどうぞ→ ヘリコプター編  飛行機編

アルファーアビエィションでは積立型の「特定操縦技能審査クラブ」を新設して、毎月一定額の積立金で技能審査訓練と技能審査を受けられるようにしています。
当校教官は全員が教育証明を所持し、さらに特定操縦技能審査の認定審査員の資格も持っており、当クラブ会員に質の高い訓練と審査合格までのサポートをいたします。
この制度はライセンスを所持する全員が対象となりますが、「特定操縦技能審査クラブ」の会員人数には制限を設けています。

教本と技能審査訓練についてのお問い合わせはアルファーアビエィション(電話:03-3452-8420)までお願いします。

関連記事